株式会社IHIがルート42の「Docurain(オンプレミス版)」を導入

2018年8月3日

株式会社IHIがルート42の「Docurain(オンプレミス版)」を導入
〜帳票開発、修正の工程をユーザ主導に移行し、開発工数を大幅に削減〜


独立系開発ベンダーとして、自社製品である超高速開発ツールMOD99の展開を手掛けるルート42株式会社 (本社所在地:東京都台東区、代表取締役:高橋一成)が提供する、 Excel帳票開発に特化した「Docurain」(オンプレミス版)が、このたび株式会社IHI様に導入されました。

株式会社IHI様では、社内に存在する様々な業務システムにおいて帳票作成、出力機能は自社開発で賄っており、帳票の新規開発および修正による開発工数が負荷となっていました。 帳票は様々な業務システムそれぞれから出力されるため、WebAPIによる柔軟な連携が可能なDocurainが採用されました。

また、帳票デザインツールとしてExcelが利用できることにより、レイアウトの作成、修正をエンドユーザ様主導にすることで、スピーディーな仕様変更対応および開発工数の大幅削減を実現できました。

株式会社IHI様では、独自にユーザマニュアルを作成、展開頂き帳票利用に関わる全てのエンドユーザ様にご利用頂ける環境を整えて頂いております。

「Docurain」採用のポイント

製品概要

製品名
Docurain
価格
クラウド版 1帳票出力当たり5円〜※

株式会社IHIについて

IHIは総合重工業メーカーとして、資源・エネルギー、社会インフラ、産業機械、航空・宇宙の4つの事業分野を中心に新たな価値を提供しています。 設立1889年、2018年3月期売上7,217億円、同3月末時点従業員数8,256名

ルート42株式会社について

ルート42株式会社は、 業務システムに特化した超高速開発ツール「MOD99」による受託開発を行い、独立系開発ベンダーとして平成21年設立よりおよそ10年間活動してきました。 昨年、これまで蓄積してきた帳票開発のノウハウをオリジナル製品「Docurain」として製品化し、販売推進に注力しています。

本リリースに関するお問い合わせ

こちらのフォームからお問い合わせください。